top›盗難、スキミングに注意

盗難、スキミングに注意

<広告>

<広告>

最近クレジットカードの盗難の被害のほかに、スキミングというクレジットカードのカードデータを盗むという手口がはやっています。

これらの被害は自分が気をつければ防げることができるものが大半です。

また、被害防止の対策として主な手口を知っておくことが大切です。 これから盗難とスキミングの手口や注意点を解説していきます。

■クレジットカードデータのスキミング

クレジットカードを利用するときに自分のカードがお店の裏に持っていかれ操作されるなど不正使用されないようにカードから目をはなさないようにする。または、目の前で処理してもらう。

クレジットカードを第三者の手に触れないよう自分の肌身離さず管理する。 スーパー銭湯、ゴルフ場などの多くの人が集まる公衆の場所でも貴重品であるクレジットカードを別保管場所できちんと管理する。 満員電車などでもスキミングは可能なためなるべく不審者には近づかないうようにすることが大切です。

最後の満員電車内でのスキミングはなかなか防ぐことが難しいのですが危険を感じたらすぐに離れるようにしてください。

■クレジットカードの盗難の要注意場所

①駐車場

コンビニ、スーパー、ファミレス、パチンコ屋、公園などの駐車場で車を停めておく際には貴重品であるクレジットカードは必ず持って出かけるようにして下さい。

また、どうしても社内にバックごと残していかなければならない場合に助手席に置くのではなく後部座席に置くようにしましょう。バックでも小銭でもフロントガラスから目に入る場所にものを置くと車上荒らしに合う危険性が高まってしまいます。

②駅構内や電車の中

駅構内のベンチや電車の中で酔いつぶれて寝ている人のバックから財布などの貴重品を盗む手口がはやっています。家に着くまで油断せずに貴重品を管理してください。

以上が要注意ポイントですのであなたも注意して被害にあわないよう気をつけてください。

<広告>

<広告>