top›クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準

<広告>

<広告>

クレジットカード会社の審査基準は、独自のスコアリングという点数付けをして判断しているようです。

まず、公務員、会社員、自営業者、フリーターなどの職業、勤続年数、年収、年齢、持ち家なのか、借家なのか、個人信用情報機関で調査する他者の借入れ、支払状況はどうなのか、というようないくつもの項目に点数がついていて、これを集計して審査基準とします。

各社が独自のスコアリング点数で審査しています。 特に公務員の方のスコアリング点数が良いようです。

■各系統会社の審査基準の傾向

■銀行系クレジットカード

銀行系のクレジットカードは審査基準が最も高く、社会的なステータスが高いのが特徴です。バブル時代には誰もが高ステータスに憧れてゴールドカードを作ったものです。

勤続年数の足きりもあり、勤務年数が3年以上経過してから申し込むのが妥当でしょう。

■信販系クレジットカード

信販系クレジットカードの難易度は銀行系カードの次に高く、勤続年数2年以上という足きりを置いているところが多いです。勤続年数が満2年以上になったら申し込みましょう。

■流通系クレジットカード

流通系クレジットカードのターゲットは主婦と学生、フリーターです。 審査基準はそれほど高くなく利用限度額も低めになっております。

しかしカードに付随するサービスは充実しているのでクレジットカード初心者はここから始めるのが良いかもしれません。

■消費者金融系クレジットカード

武富士、アコムなどに代表される消費者金融の発行するクレジットカードです。審査基準は最も低く他で断られた方でも審査を通過することは多いです。

<広告>

<広告>