top›ブラックリストに載ってしまうとどうなるの?

ブラックリストに載ってしまうとどうなるの?

<広告>

<広告>

情報化社会の現代では銀行や信販会社、消費者金融、クレジット会社などからお金を借りたり、クレジット機能を使って買い物をした場合には、利用者の利用データがコンピュータに登録されます。

コンピュータで日々管理しているため、支払を1日忘れたくらいでも「一回遅延した」というあなたの履歴データが残ってしまいます。

ではどんなことがコンピュータのデータに残るかというと、①どこの誰がローンを利用したか、②どんなローンを利用したのか、③どんな事故(遅延、不渡り、取引停止処分など)を起こしたのか、④苦情などのその他の情報です。

したがって貸し倒れになったり、自己破産したなどの情報が登録されると「ブラックリストに載ってしまった」ということになるのです。

ではブラックリストに載ってしまうとどうなるのでしょうか。

ブラックリストに載ると新規の借入れやクレジットカードの利用ができなくなってしまいます。

ただデータの登録期間は通常5年から7年の間なので7年間我慢すればまた利用できるようになるかもしれません。

<広告>

<広告>